2009年02月

エコ商品を買わない理由

目を引くタイトルの記事がありましたので、ご紹介いたします。

参考記事:
【環境に配慮した商品、非購入者の半数が「実感しづらい」】
http://japan.internet.com/wmnews/20090225/11.html
gooリサーチ調べ

エコ商品を買わない人たちの半数は「環境への本当の貢献が実感できないから」
といった内容です。
しかし、日用品などの小額、かつ身近なものへの購買意欲は高いそうです。

確かにエコといった「環境貢献への価値」がその商品の価値の一部で
あることをうたいながらも、その価値基準そのものが購入者にとって分かりづらければ、
その商品は、買う側にとってなんの魅力も持たないことと同様となってしまいますよね。
これは私たち販売する側にとって、当たり前なのに見落としがちなことが多々あることだと思います。
例えば、太陽光発電を導入することによって光熱費がどう変化するかの経済効果は
明確で分かりやすい提示に努めているのですが、環境貢献度に対しての太陽光発電の
重要性というのは、まだまだ「実感しづらい」と思われることが多い気がします。
よく、CO2削減量がどれくらいといった表現を目にすることがあるかと思いますが、
CO2が1kgっていったいどれくらいの量かご存知ですか?
実はサッカーボール100個分の体積に相当します。

そうすると太陽光発電システムを設置した場合のCO2削減量は・・・・
などなど、せっかくCO2削減をよく耳にする昨今、もっとこうした知識が
世間一般に周知されることが大事だなと感じました。

もしご興味がおありの方は、国による取り組みとして

『めざせ!1人1日1kg削減!』
http://www.team-6.jp/try-1kg/index.html?sf=1
といった企画もございますので、ご参加下さい。

こういうのは、やはり楽しく、皆で、一人ずつが自分で出来ることから始めることが大切ですよね。
スポンサーサイト

太陽光発電の買い取り義務化 価格2倍で普及促進図る 経産省

ついに来ました!!

以下転載です。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090224AT3S2400L24022009.html
(NIKKEI NET)

太陽光発電、家庭からの購入価格2倍に 経産省が新制度

 二階俊博経済産業相は24日の閣議後の記者会見で、太陽光発電の普及を促すための新制度を導入すると発表した。家庭や企業が太陽光で発電した電力を、電力会社が約10年の間、当初は従来の2倍程度の1キロワット時あたり50円弱で買い取る仕組み。今後、具体的な制度設計に向け、関係業界などと調整を進める。電力やガス、石油各社に非化石燃料の導入を義務付ける新法に盛り込み、今国会に提出する方針だ。2010年にも実施する。

 二階経産相は同日朝、経産省内で森詳介電気事業連合会会長(関西電力社長)と会談し、新制度の導入方針を伝えた。森会長は「協力したい」と語ったという。

 新制度は家庭など電力利用者が太陽光でつくった電力について、自宅などで消費する以外の余剰分を電力会社に買い取ってもらう内容。既に発電装置を設置している利用者と制度開始から3―5年に設置する利用者が対象。買い取り価格は太陽光発電の普及に合わせて、年度ごとに下がる。 (13:04)

以上




どれほど、この記事を待ち望んだことでしょうか。
もちろん、現時点ではまだ不明な点が多く、油断はできませんが否が応でも期待値が高まるニュースです。
前首相の福田さんが発表された「数年後に太陽光発電機器の導入費用を半額にする」
などと寝耳に水のニュースのときは、その実現性の根拠が非常に疑わしく、少し憤りすら覚えたのですが、
今回の動きは太陽光発電業界に携わる人たちにとって一番待ち望んでいた記事
といっても過言ではないと思います。

太陽光発電を設置された方全員が笑顔になることが、一番有効で大切な普及策であると思います。

渋谷区 売電量に応じ補助

渋谷区でちょっとこれまでと変わった補助金制度が来年度から開始されるようです。


以下転載です。
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20090219ddlk13010286000c.html


渋谷区:太陽光発電補助の方針 一般家庭の売電量に応じ /東京

(毎日新聞 2/19)

 渋谷区は、一般家庭が太陽光発電で作った電気を電力会社に売った場合、1キロワット時(1時間当たり1キロワットの発電)につき30円の補助金を支給する方針を明らかにした。区の試算では、1世帯が年間約4万円の補助を受けられる。発電装置設置時の補助は他の自治体でも進んでいるが、売電量で補助額を決めるのは全国的にも珍しいという。

 区によると、補助期間は09~11年度の3年間。既に太陽光発電装置を設置しているか、新設する区内の住宅が対象で100戸程度を予定している。上限は年額4万2000円。

 一般家庭でよく使われる3キロワットのパネル(30平方メートル)を使った場合、年間発電量は約2800キロワット時。発電をするのは電気の使用量が少ない日中のため、このうち半分程度は契約を結んだ電力会社に売却されるという。

 電力会社が買い取る額は1キロワット時当たり20~30円で、さらに区が30円を上乗せする。設置時に出る国と都の補助金(計50万円)を合わせると、21~23年で設置費用の約200万円を回収できる計算になる。装置の法定耐用年数は18年のため、区は「渋谷方式を導入すれば、設置費用の大部分を回収できる」としている。



来年度から東京都としての補助金も始まりますし、今年からは特に都内にお住まいの
太陽光発電を設置される方にとっては非常に追い風のニュースが続いております。
その中でも、この渋谷区の補助制度は既に設置されている方も対象となる点が非常に優れていますね。
これまでは、ご存知のとおり導入の際にしか補助金の恩恵は受けられませんでした。
支給される補助金の額もその時々で結構な幅があり、販売する側としても非常に心苦しい
思いをすることが多いのが現状です。

既に設置された方がこの太陽光発電の助成制度の対象となることが
これからの補助金のスタンダードとなることを強く望みます。

太陽 = 幸せ

太陽光発電を取り扱う仕事柄、毎日のお天気はとても気になります。
晴れていると気持ちいいですよね。
「この瞬間にもお客様の太陽光発電所は活躍している!」と思い浮かべてにっこりしますにっこり
考えてみれば幸せな仕事だなと、改めて感じました。

ご相談承ります!

エコキュートもIHも、どちらも各メーカー・機種によって特徴は本当にまちまちです。

お客様にとってオール電化、太陽光発電を導入されるのはほとんどの方が初体験です。
ですから、当然オール電化の良さはなんとなく分かっても、
ご自分にとって最適の機種はどれか、というのがよく分からないのが一般的です。

オール電化・太陽光発電全般のことはもちろん、メーカー問わず機種など詳細な質問が
ございましたら、ご遠慮なく私どもにお本当にお気軽にお問い合わせください。

私どもが心がけているのは、お客様のご要望をお伺いして
プロの専門家としてのサポートをさせていただくことです。
常に「オール電化・太陽光発電相談承り係」を心がけています。

太陽光発電の期待値

最近、本当に太陽光発電に関する記事やニュースを目にする機会が増えましたね。

内容は、やはり主に環境対策に関することが多いのですが、
注目度の高い補助金の情報から始まり、太陽電池メーカーの動向や、
あるいは市場として期待される雇用創出効果など、「太陽光発電」に関連する記事も
非常に多岐に渡っています。

私も日々こうした太陽光発電に対する関心の高まりを感じております。
実際にお客様からの問い合わせも増えており、私ども販売業者のみならず
一般の方々の関心が高くなっているということがうかがえると思います。

ところで先日、ホームページをご覧いただいて問い合わせをされたお客様に
どうして弊社に問い合わせをいただいたのか、伺ってみました。

お客様曰く、「いろいろな会社のホームページを見たけれど、どれもこれも
同じような文言で、どれを信用していいのかわからなかったけれど、御社の
会社の言葉がとても心に響いたので、この会社なら信用できると思って
連絡をしました」とおっしゃってくださいました。

このお客様の言葉は、私どもにとって本当に嬉しい言葉なんです。

私は太陽光発電を取り扱う会社を設立するにあたり、ある思いを持って興しました。
もしよろしければ、当時のまま記述してございますので以下のリンク先をご覧ください。
【会社概要:ごあいさつ】
http://www.ricoas.co.jp/co_profile_01.html

今年で設立3年目を迎えますが、今も思いは全く変わることなく、
販売、施工、アフターサービス等、あらゆる場面で直接ユーザー様とお会いすればするほど、
さらに強くなっています。
補助金が開始されて以来、おかげさまで多くの方々とお会いし、ご成約を頂戴することが増えました。
私どもを信用していただいてご依頼いただいた全ての方々に対して
「太陽光発電に対する期待値」を裏切らないよう、販売店として精一杯
お付き合いさせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

合同ミーティング

本日は、取引先様にお誘いいただき、オール電化業界のさまざまな方が集まる
合同ミーティングに参加させていただきました。

メーカー、販売店、施工店、工務店、インターネット業界の方など、色々な立場の方が
参加されており、意外と同業他社の方とお会いすることは少ない私たちは
新鮮な気持ちでお話を伺うことができました。

私どもは「販売店」という立場で物事を見てしまうことが多いのですが、業種が変われば
同じ「販売」でも視点が変わって、さまざまな事につながるヒントを得られました。

こういうのって、大切ですね。
やはり日ごろから多くの方々と接して、視野を広めないと・・・そんなふうに思った
ミーティングでした。

某お取引先様、貴重なミーティングにお誘いいただきありがとうございました!拍手 パチパチ
今後、この会が大きく発展していくことを微力ながら尽力申し上げます!

住宅ローンアドバイザー

本日、「住宅ローンアドバイザー養成講座」というものを受講しに行ってきました。

住宅ローンアドバイザーとは、あまり聞きなれない方もいらっしゃるかと思います。

家を購入するというのは、ほとんどの方が一生に一度という大きな買い物だと思います。
その時に住宅ローンを利用することになるのですが、住宅ローンを組むというのは
購入する物件を選択するのと同じくらいとても重要なことです。
ですが、あまりよく知らないまま組まれる方が多いのが実情です。

勧められるがまま住宅ローンを組んでしまいもっと自分に合ったプランを見過ごしてしまったり、
他との比較をあまりしなかったため金利面で損をしてしまったり・・・

非常にもったいないですよね。

そんなときに適切かつ正確な商品知識や情報をアドバイスするのが当資格の主な内容なのです。
この講座を受講したのは、仕事半分、将来の自分のため半分といったところですにっこり

私は太陽光発電・オール電化という住宅に関わる商品に携わっているので、
住宅に関連することでお客様にアドバイスできることは全て知識として得たいと思い受講しました。
最初は慣れない用語でオロオロしましたが、非常にためになることばかりで、
仕事面でも自分のためにも受講して本当に良かったなと思います。

あとは肝心の自分の家探しですが、まだまだ予定はありません・・・・泣き顔

【参考:財団法人住宅金融普及協会】http://www.sumai-info.com/

都心での苦悩

今日は都内江戸川区にてオール電化工事のY様邸下見があり、立会いをいたしました。

今回ご導入予定のエコキュートは、日立製370Lタイプ水道直圧式 BHP-FSV37FDです。
 メーカーサイト: http://kadenfan.hitachi.co.jp/kyutou/lineup/suicyoku/index.html

当機種は、その名のとおり、一番の特徴は水道圧をそのまま利用する方式によって
環境や状況によって、シャワーが弱くなるといったエコキュートの弱点を克服しています。
また、もう一点この機種の特徴は幅415mmと最薄タンクです。
どちらも、これまでエコキュートを設置する際に障害となっていた点を見事にカバーしています。

都内では敷地面積の都合上、エコキュートの設置スペースの確保がどうしても困難なため、
わずか数センチの差で、お客様がエコキュートの導入をご希望されても泣く泣くお断りすることもございます。
そうした方々も、今回のこの機種であれば今後は可能になることもあるかと思います。

おかげで今回も無事設置が可能であることを確認し、IHクッキングヒーターも合わせてご成約を頂戴することとなりました。

Y様が快適なオール電化生活を送っていただけます様、しっかり工事はもちろんのこと
アフターサービスも対応させていただきます!

どうぞ今後とも末永いお付き合いを、宜しくお願いいたします。




1月もあっという間に終わり

今日から2月に入りました。

あっ ・・という間に年が明けてから、もう一か月
年をとると月日が経つのがどんどん早くなるなるのだな、としみじみ思ってしまいます・・

さて、年が明け、ご存知のように待ちに待った太陽光発電の補助金が開始され、
昨年末よりご検討いただいておりましたお客様が、一気に工事の日程調整
に取り掛かり少々慌ただしくなってきている最中です。

補助金が始まって以来、大筋では大きな変更はないのですが、
申請にあたっての手続き、提出書類、記入方法などは細々と変更、更新されています。
申請される方のほとんどは販売会社に代行してもらうことでしょうが、
なかには、工事完了日の定義についてなど、大事な部分に関わる内容もありますから、
ご自身でも、まめに情報のチェックをされることをお勧めします。
【J-PEC 太陽光発電普及拡大センター】
http://www.j-pec.or.jp/

また、弊社HPをご覧になってお問い合わせいただくことが最近多くなりました。
大変ありがたいことです。
補助金以前に、お客様にとって太陽光発電そのものが、そもそもよく分らないことが
多いシステムですよね。ですが、百万以上もするお買いものです。

是非、メーカー、販売店等々比較のうえ十分にご検討ください。

屋根の形も違えば、大きさも違う、地域も違えば、日当たりも違う。

さらに、一番重要なのは、予算もお客様によって当然異なります。



実際に、経済効果重視の方もいらっしゃれば、美観を特に気にされる方、
環境を考えてとにかく大容量の設置を考えられる方など
なにを太陽光発電システム導入に際して最優先させるか
も本来、人それぞれですよね。

ご検討中のかたは、是非一度お気軽に弊社にお問い合わせくださいませ。

フリーダイアル0120-971-889

担当スタッフともどもお待ちしております(^-^)

施工実績の記事を移転しました。
新「施工実績」ページURL http://www.solar-tatsu.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。