2013年07月

瓦屋根施工時の予備瓦

太陽光発電の設置工事には屋根材が様々で、それに伴った施工方法が各メーカーあります。

瓦屋根の場合はメーカーにもよりますが大きく分けると、

「アンカー工法」、「支持金具工法」、「支持瓦工法」の3つがあります。



施工時には瓦に穴を開けたり、削ったりもしますので慎重に施工を進めていても、瓦の種類にもよりますが

割れてしまうこともあります。


その場合には予備瓦を事前に準備して割れてしまった瓦と新品の瓦を交換します。

瓦はたくさんの種類がありますが、瓦屋さんに伺うとある程度の種類の在庫は揃っています。


1_20130724151913.jpg

瓦屋さん写真

2_20130724151914.jpg

瓦屋さん写真2

4_20130724151917.jpg

アンカー工法で瓦に穴を開けた写真

3_20130724151915.jpg

施工中に割れてしまった写真
スポンサーサイト

各メーカーパネル

こんにちわ、施工担当です。

現在は太陽光発電も国内メーカーや海外メーカーなどたくさんの種類が出ています。

メーカーによって価格が異なれば、発電量、大きさ、保証内容などメーカーによって様々です。

今日は一部のメーカーのパネルをアップしてみますので見たことがない人もぜひ参考にして下さい!

※分かりづらいメーカーもあるかもしれません・・・。


4_20130709203332.jpg

ソーラーフロンティア

5_20130709203334.jpg

東芝

6_20130709203336.jpg

カナディアンソーラー多結晶

7_20130709203337.jpg

カナディアンソーラー単結晶

8_20130709203338.jpg

シャープ単結晶三角モジュール

9_20130709203401.jpg

ジャパンソーラー単結晶

10.jpg

三菱多結晶

11_20130709203404.jpg

パナソニックHIT太陽電池

施工実績の記事を移転しました。
新「施工実績」ページURL http://www.solar-tatsu.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。