FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室内用パワーコンディショナー設置の流れ

こんにちわ、施工担当です。

本日は太陽光発電の核と呼ばれているパワーコンディショナーの取り付け方法
アップさせて頂ききます。

1_20130611150828.jpg
はじめに、設置場所を選定します。一般的には分電盤(ブレーカー)の近くに設置することが多いので
分電盤付近に設置できるスペースの確認をします。場合によっては廊下でしたり、トイレに設置するご家庭様も
あります。
パワーコンディショナーは本体が熱を持ちますので、放熱スペースの確保と換気が十分に取れる所がオススメです!


2_20130611150828.jpg

位置を決めたら通線用の穴を開けていきます!パワーコンディショナーの他に太陽光発電用のブレーカーを一か所と発電モニターなどを設置する場合は送信ユニットの設置も必要となります!
(今回は発電モニターありの場合です)

3_20130611150830.jpg

機器を設置します。左からパワーコンディショナー、発電モニター用送信ユニット、太陽光発電用ブレーカー、
既存分電盤
となっております。
パワーコンディショナーの位置を低く設置している理由は上の天井への放熱スペースの確保のためです!

4_20130611150831.jpg

設置完了です!電圧チェックをしてカバーを取り付けて完成になります!
あとは発電スタートを待つだけです!
スポンサーサイト

施工実績の記事を移転しました。
新「施工実績」ページURL http://www.solar-tatsu.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。