スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTTAINAI

数年前、「もったいない」が改めて評価され世界中に紹介されました。
あの小泉首相の際には国家キャンペーンにもなりましたよね。

子供の頃には「もったいないでしょ!」とよく怒られた覚えがある方も少なくないと思いますが、
確かに昔ほど、この言葉は日常で聞かれなくなりました。

「物を無駄にしてしまう・捨ててしまう」という意味で使われることが多い言葉ですが、
「物の価値を十分に生かしきれておらず、"もったいない"」
という意味もあるようです。

太陽光発電を設置されている方であれば、天気の良い日にお家に太陽が燦々と照っていて
「もったいない!」
と感じた時があった覚えがありますよね?にっこり

そうです、太陽光発電の工事をしてパネルを設置してから、
実際に発電が開始される連系までの期間です。
(この期間は、せっかく我が家の屋根に太陽光パネルも設置されたのに、
どんなに太陽を浴びていても発電がされない待ち遠しい時期なのです。)

「せっかく太陽が照っているのに、もったいない!!」

と思われる気持ちはとてもよく分かります。

もし、世界中に降り注ぐ太陽の光を出来る限りエネルギーに変えることが出来たら・・・
心からそう思って、この事業に取り組んでいます。
スポンサーサイト

施工実績の記事を移転しました。
新「施工実績」ページURL http://www.solar-tatsu.com/blog/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。